佃煮が食べたくてたまらない

年齢がいくにつれ、体が和食を求めるようになり、揚げ物やフレンチとかイタリアンだとかの味の濃いものはあまり食べられなくなりました。

自宅での食事もほとんどが質素な和食にしています。

ごはん、味噌汁、納豆に、メインの肉か魚を何か一品、といった感じです。

やはり一日に一回は白米を食べないと元気が出ませんね。

日本人ですから!そしてごはんのお供といったら、やはり佃煮ではないでしょうか。

ふりかけや味付き海苔もいいですが、いろいろな種類が楽しめる佃煮は味わい深く、白いごはんにも、雑穀米にも、玄米にもなんでも合うと思います。

我が家では海苔の佃煮と、時々親戚の叔母が作って持ってきてくれるじゃこの佃煮を常備しているのですが、炊き立てのごはんにかけて食べる時のあの甘辛い香りと、口の中で広がる安心感とでもいいますが、じんわりくる美味しさはやはりふりかけや味付け海苔には代わることのできない味わいだと思います。

ああ、こんなことを考えていたらまた無性に食べたくなってきました。

今日はじゃこにしようっと!

いろいろな佃煮について考えてみる

佃煮といったら、小さい頃からいつも冷蔵庫に入っていた海苔の佃煮、というイメージがあったのですが、そもそも佃煮とは砂糖と醤油で甘辛く煮つけた料理全般のことをいうので、素材は多岐にわたっているようです。

スーパーなどでよく見かけるのは、海苔の他に昆布と白ごまをあえたものや、イカナゴなどの小魚を使ったものが多いですね。

いりこやジャコやイカナゴは、なかなかメインでいただくような料理にはならないですし、かといって外食で食べる機会も滅多にないと思うので、自宅の冷蔵庫に常備しておくのは賢い技だと思います。

昔の日本人はよく考えたものです。

昔の人つながりで、ちょっと番外編になるのですが、山地のほうでは昆虫の佃煮が当たり前に作られているのだそうです。

例えば、イナゴとか・・・。

おいしい佃煮が通販で買えるサイト

私は昔から昆虫の類はちょっと苦手なので、想像するだけできびしいものがあるのですが、食感はエビに似てパリパリしており、素材の味があまりないおかげで調味料そのものの味付けが引き立っておいしいのだとか・・・。

太古の昔から日本で食べられていただけあって、「1キロの牛肉を食べるより1キロの昆虫を食べるほうが栄養価が高い」という説もあるそうです。

とはいえ、羽根や足がそのまま残っていることも少なくないといいますし、長い人生の中で一度は体験してみたいような気もしますが、やっぱりかなり勇気が必要ですね・・・。


Comments are closed.