自己暗示の活用 自己暗示ができるようになっても、活用しなければ意味がありません。自己暗示をいつもの暮らしの中で活用させる方法について紹介して行きたいと言われているのです。まず自己暗示をかけるときには、催眠状態の際にかけるのが、一番効果が上がるへと繋がります。催眠誘導を行いから、潜在意識に自己暗示をかければ、暗示がかかりやすくなるというわけです。では自分で行う催眠誘導の方法を紹介します。 催眠誘導をするためには、リラックスしなければいけないでしょう。薄暗い落ちつける灯りの部屋で、ベッドに横になったり、ロッキングチェアなどに座ってリラックスした方がいいでしょう。 自己暗示をかけるときには、日頃意識しつついない無意識の脳の部分に働きかけることが重要ですが、催眠のトレーニングを開始しててから、自己暗示がかけられるようになるまで、多分何週間もトレーニングしなければいけないだといえると思います。 リラックスをしようと思っても、頭で考慮して出来るものではないのです。腕がゆるくなって、心も体も本当に心底リラックスできるようになるのであればかなり時間がかかります。リラックスさせるために手足に暗示をかけてもなかなかまずはかからないと思いますが、慣れれば大丈夫ですから、その事を思いながらトレーニングをつづけましょう。 自己暗示を活用する際に、一番大切なことは心底リラックスすることで、焦りやストレスを感じているようでは、絶対に失敗してしまうのです。マイペースに、トレーニングを続けていくことで、自己暗示を活用できるようになりますー